「スクールコンケア」やチャットカウンセリング活用などによる、 「いじめ⾃殺・不登校ゼロプロジェクト」の寄付募集開始について

2017.10.16

本プレスリリースのPDF版はこちら

特定非営利活動法人東京メンタルヘルス・スクエア(東京都豊島区 代表理事︓武藤清栄)は、
いじめの予兆を捉えるアプリ「スクールコンケア」やチャットカウンセリングの活用などによる
「いじめ⾃殺・不登校ゼロプロジェクト」を推進するため、本日10月16日より寄付の募集を開始します。
※同プロジェクトは、株式会社コンケア(東京都豊島区 代表取締役社⻑︓⽯⽥有)、
東京メンタルヘルス株式会社(東京都豊島区 代表取締役社⻑︓武藤清栄)との共同プロジェクトです。

―― 「いじめ⾃殺・不登校ゼロプロジェクト」の概要

「いじめ⾃殺・不登校ゼロプロジェクト」は、
子どもたちへの、教育・⾒守り・相談の3つの取組みにより、
不登校ゼロ・いじめ⾃殺ゼロ・卒業後のひきこもりゼロを目指すプロジェクトです。

各取組について、「教育」では、ストレスコントロールなど複数の教育プログラムを実践し、
いじめ発⽣率の減少とSOS発信率の向上を目指します。

「⾒守り」では、タブレットアプリ(アプリ名︓コンケア)を活用します。コンケアを通じて、
出席と同時にその日の気分マークを記録。出席簿と気分推移グラフを同時⽣成します。
日々の蓄積データから児童⽣徒の「気分の落ち込み」を検知すると、
スクールカウンセラーや養護教諭をはじめとした専門家など、事前設定した関係者にメール報知されます。
この「⾒守り」により、いじめの早期発⾒・早期対処を実現して参ります。

「相談」では、従来の電話相談や対面相談に加えて、チャット相談(SNSカウンセリング)を新設し、
子どもたちからの悩みに耳を傾け、気持ちに寄り添いながら、いじめ解消などに向けて
カウンセラーと学校で連携します。

―― 寄付募集概要

いじめや人間関係のトラブルは、時に深刻化し悪循環に陥ると、不登校やいじめ⾃殺、
卒業後のひきこもりへと繋がってしまいます。
こうしたトラブルの早期発⾒・早期解消を実現するために、
私たちは「いじめ⾃殺・不登校ゼロプロジェクト」を⽴ち上げました。
このプロジェクトはチームメンバーの無償奉仕で支えられていますが、
学校や教育委員会への活動交通費、研修費、設備費、広報・事務費などで、
年間多額の運営費が必要となります。何卒ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

・寄付募集開始時期︓本日10月16日より
・寄付⽅法︓
◆オンライン(右記リンクよりお手続き願います):https://japangiving.jp//campaigns/33653

◆ゆうちょ銀⾏: 銀⾏番号︓9900 支店名︓〇⼀⼋ 口座番号︓2909447
         口座名義︓特定非営利活動法人東京メンタルへルススクエア

【本件に関するお問い合わせ先】

特定非営利活動法人東京メンタルヘルス・スクエア
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-39-8 ローズベイ池袋ビル3階
【Email】office@npo-tms.or.jp     【URL】http://www.npo-tms.or.jp/
【TEL】03-5944-8455 担当:事業局 武藤、今成

一覧ページへ戻る