「園児のSOSを見逃さない。 人手不足の保育園に支援を届けよう!」 保育園・幼稚園への「キッズコンケア」無償提供、 クラウドファンディングで目標金額達成!

2017.4.11

PDF版はこちら⇒ ダウンロード

株式会社コンケア(東京都豊島区 代表取締役社長:石田有)は、クラウドファンディングサイトReadyforにて実施した、「キッズコンケア」を1年間無償で保育園・幼稚園に提供するための開発支援募集プロジェクトにおいて(NPO法人東京メンタルヘルス・スクエアと共同実施)、目標金額の120万円を達成したことをお知らせします。

―― 園児のこころの見守りサポートアプリ「キッズコンケア」とは?
「キッズコンケア」は、iPadに表示される6つの天気マークから自身の「きもち」に近いものを、園児に選んでタッチしてもらう簡単なシステムです。
この選択を日々続けることにより、しっかりと自分の気持ちに向き合うとともに、友達や先生に自分の言葉で自分の気持ちを表現するための学びの機会となります。先行開発の結果、「キッズコンケア」を通じて、経験の浅い保育士が園児の変化に気づく力を伸ばすことができるといった知見も得ることができました。

―― 「キッズコンケア」で実現できること
<こども:園児>
・じぶんの気持ちとしっかりと向き合うことができる。
・じぶんの気持ちをともだちや先生にきちんと伝えられる。
・ともだちの気持ちを受け容れることができる。

<おとな:先生/保護者>
・こどもの気持ちの変化に気づくことができる。
・こどもの気持ちに寄り添って成長を見守り、支援することができる。

―― 先行開発で、保育園の先生から頂いた実際の声
『天気マークを通じたやりとりのなかで、子供にとっても、その時々の気持ちや感情を、より自然に伝えられるようになってきているのを感じます。』

『特に経験が浅い先生は、余裕がなく、気づきが低いように感じることもあるので、そういう先生には役立つのではないかと思います。グラフを先生同士で共有して、児童の変化について、認識共有をしたこともありました。』

―― 園児たちへのインタビュー
先行開発で「キッズコンケア」を毎日使ってくれている保育園児(4~5歳)に、天気マークを選んだ理由を(おもちゃのマイクを持って)インタビューしたところ、
『保育園、楽しいから』(虹マークを選んだ園児)
『今日、ピクニックだから』(晴れマークを選んだ園児)
『友達にいじわるされてイヤだなと思った』(雨マークを選んだ園児)
『晴れと思った。(どんな時に、他のマークを押す?)ちょっと悲しいとき。ゲームばかりやって、朝、怒られたりしたとき』
(晴れマークを選んだ園児)

といった答えが返ってきました。先生の補助なく自分の気持ちを天気マークから選んで、その選んだ理由も、自分の言葉で表現してくれました。

―― プロジェクト詳細について
当プロジェクトは、保育園・幼稚園に1年間無償で「キッズコンケア」を提供するための運営・開発資金が不足しているため、NPO法人東京メンタルヘルス・スクエアがその支援を募ることを目的として実施しました。
・プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/concare  
・目標金額:1,200,000円 ・期間:2017年2月24日(金) ~4月10日(月)

一覧ページへ戻る