「コンケア」バージョンアップ、最新版を11月29日から提供開始

2016.11.29

株式会社コンケア(東京都豊島区 代表取締役社長:石田有)は、職場のコンディションマネジメントサービス「コンケア」の最新版を、本日2016年11月29日(火)にリリースすることを発表します。

コンケアは、出退勤時に今の気分を6つのコンディションマーク(虹・晴・晴曇・曇・雨・雷雨)を押すことで打刻する勤怠管理システムとメンタルケアがひとつになったサービスです。

2013年10月に有償版をリリースした「コンケア」は、今回のバージョンアップで以下の機能改善が実施されます。このバージョンアップにより、職場での日々のコンディション推移からコンディションの多角的な検索が容易となるため、セルフケアやラインケア(管理監督者が職場環境改善や部下への個別指導・相談を行う取組)の実施タイミングの適正把握により、メンタルヘルス不調の予防対応に活用いただけます。

【機能改善】
①セルフケア、ラインケアを促すサイン通知機能の改善

コンディション推移パターンに応じたサインメール通知基準をパターン毎に見直し、通知頻度を適正水準に変更

②コンディションデータ検索機能の改善

「みんなのコンディション」画面の検索機能追加(現在の検索項目に加えて、『コンディションタイプ』『天気マーク』『日付』で検索可能)

PDF

一覧ページへ戻る